事故にあったら

自身の安全確保
まずは安全確保が第一、車よりもご自身の安全確保を最優先してください。

ポリスに連絡
大きい小さいにかかわらずポリスを呼ぶことをお勧めいたします。 エリアによっては小さな事故では来てくれないケースもありますが、必ず電話することをお勧めいたします。

現場の保存
ポリスが来るまでの間、事故の状況を保存しておいたほうが良いでしょう。現場の保存は、証拠を残しておくという意味のほかに、二次、三次災害を防ぐという観点からも必要なことです。カメラをお持ちであれば現場の状況を撮影しておいてください。

証人確保(ウィットネス)
万が一、相手方とのトラブルになった際などに効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしましょう。また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう依頼しておきましょう。

お互いに情報交換

以下のインフォメーションを事故の相手から必ずもらうようにします。 名前、ドライバーランセンスナンバー、住所、連絡先、保険会社、保険ポリシーナンバー、保険有効期限、車のライセンスナンバー、車の名義人。(もしレジストレーションと本人の名前が違っていたら保険が適用かどうかも確認してください)




医師の診断
 

その場では軽症だと思っても、あとで意外とケガが重かったという例もあります。速やかに医師の診断を受けましょう。

あとはオートタウンにお任せください 
保険会社とのやり取りからレッカーの手配、レンタカーの手配等、煩わしい手続き全てを当社が行いますのでお客様のご負担を最小限に軽減いたします。修理の免責額も値引き調整いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 



{rsform 7}